ROSSINIプロジェクト

ROSSINIプロジェクト

ROSSINIプロジェクト

Datalogicは、欧州の「Effective Industrial Human-Robot Collaboration(産業における効率的な人とロボットの協働)」プログラムであるHorizon 2020にROSSINI(RObot enhanced SenSing, INtelligence and actuation to Improve job quality in manufacturing(製造業における品質向上を目的としたロボットによるセンシング技術、知能および機動力の拡張)プロジェクトと共に参加するためのコンソーシアムを創設するコーディネーターです。

ROSSINIプロジェクトは、製造業における人とロボットの協働(HRC)アプリケーション設計と開発のための分裂的かつ本質的に安全なハードウェア=ソフトウェアプラットフォームの開発を目指します。世界市場の各分野の先駆者よって開発された革新的なセンシング技術、機動性、抑制技術を組み合わせ、オープンな開発環境の中でこれらを統合します。これにより、ROSSINIプラットフォームがHRCアプリケーションを展開するツールを提供し、人とロボットが同じチームの一員として作業できる環境づくり、業務品質の向上、生産柔軟性と生産効率性の改善を実現します。ロボットセンシング技術の発展、生産性と安全性の最適化を実現するAIの展開、そして従来の協調作業技術により、既存の協働ロボットの安全性に作業スピードと産業用ロボットのペイロードを組み合わせた高性能HRCワークセルを提供します。

プロジェクトの主要な5点の目標は下記の通り。

1. 作業環境のモニタリングに要する高い検出性能とローカリゼーション性能およびデータ処理の「安全防護」モジュールを有する知能性が高く安全なセンサーシステム設計(RS4)

2. 作業者の安全性を確保しながらのプランニングと最適な実行を管理するロボットの認知知覚の「安全性を意識した」制御アーキテクチャ開発

3. 新しい統合安全機能を有する「創生による共創」ロボットアームレンジの開発

4. 作業者用ロボット動力学の適用を推進する予測アルゴリズムの開発

5. ROSSINIにて開発されたすべての技術部品をHRCアプリケーション開発用に単体で本質的な安全プラットフォームへ統合

How can we help you today?
Let's chat
1