SCaVaプロジェクト

SCaVaプロジェクト

SCaVaプロジェクト
 

ステレオカメラ評価SCaVa)はヴィニョーラ(モデナ)にある技術革新センターのCRITと自動データ取得および工業用自動機器のグローバルリーダーであるDatalogicによって獲得されたプロジェクトの名称です。プロジェクトから、9ヶ月の間、作業者の腕と身体を検出することができ、革新的な保護システムで試験を行うことが可能な2つのステレオカメラに適用する評価方法提案します。これは、工場内における作業者とロボットの安全な相互作用の評価に欠かすことのできない重要なアプローチです。

多国籍プロジェクトであるROSSINI協働ロボティクスで、二社参画によりDatalogicは2つのステレオカメラを設計開発し、SCaVaがその作動を完璧なものにしています。

SCaVaでは、既存の安全基準に基づき、COVRプロジェクトとミラノのSTIIMA-CNRとの協業によって提供された方法を摘要し、Datalogicのラボでステレオカメラのテストを行います。これは、欧州規格を解釈した本デバイスをテスト・評価する新しいプロトコル開発となり、協働ロボティクスのフィールドに携わる全ての人にとって大きなステップとなります。

プロジェクトの成果発表や告知を担当するはCRITが、コミュニケーションチャンネルを使ったワーキンググループやウェブセミナーを実施し、ROSSINIやCOVRのパートナー企業を招待します。

SCaVaは、COVRプロジェクトの推進とHorizon2020プログラムによるDanish Technology Instituteの協力とSTIIMA-CNRの参画を得て開催されたCOVRアワードより資金提供を受けて運営されています。COVRは、工業環境における協働ロボット(コボット)の安全性について研究し、既存の安全規格下でコボットの試験/測定/評価するためのツールや手段の開発を目的としています。

How can we help you today?
Let's chat
1